ゲストにしてくれなくて大丈夫です

2015.11.29 Sunday

0
    長らくバンドマンとして生きてきて、ここ10年以上
    毎週のように友達のライブに通ったりしてきたが、
    僕らはそのほとんどを無料もしくはディスカウントされた料金で観てきてる。

    これが"ゲスト"ってやつで、元々はスカウトさんが入りやすいように
    ハコ側が配慮したものだったらしいのだが
    金の無いバンドマン同士が応援しあったり刺激しあったりする上で
    この制度を利用してお互い無料で招待しあうのが慣例になっている。
    演る側にとっても、観てもらいたくてしょうがないからライブやってるわけで
    利益の有無に関わらず、1人でも観客が多いのは嬉しいことなのだ。

    分かりやすかろうと思って「金の無いバンドマン同士」という書き方をしたけど
    別に金があろうが無かろうが、それに命かけてるミュージシャン同士であれば
    相手が40代50代の大先輩だろうが、既に成功を収めていて収入のある仲間であろうが
    それはあんまり関係なくて、やっぱりゲスト出したり出されたり。
    そうやってライブハウスで酒飲みながら音楽を聞くっていう文化を
    共に盛り上げていく者同士が、より頻繁にハコを行き来するのは
    基本的には良い事だと思ってる。

    が、これは飽くまで、持ちつ持たれつの関係において成り立つものなので
    知らない子が「1人でも観客が多いのは嬉しいでしょ?」とかいって無料で入りたい
    つっても、それはお断りなのはお分かりいただけると思う。
    毎回正規料金出して来てくれる子がいるのに、無料で知らない子を入れられるわけない。
    で、これは知らない子じゃなくても全く同じ事で、
    ざっくりとした言い方すればカタギの人からは
    大親友からも親からも、僕は必ずチケット代をいただいていた。

    「ゲストでいい?」「さすがに定価じゃ友達誘えないわー」みたいな事を
    カタギの友達に平然と言われた事も何度かあったけど
    こういうのって、「とにかく観てもらいたい」っていうミュージシャンの気持ちを利用した
    恐喝みたいなものなのだ。
    心当たりのある方は、できたら祝儀だと思ってもいいからちゃんと買ってあげてください。

    さて、僕は今でもライブをたまーーーにやってて、それはそれで真剣にやってるつもりだけど
    それでも僕は現在カタギのサラリーマンで
    ここ3年間について言えば、バンド仲間をゲストで招いた記憶があんまり無い。

    そして正直なところ、当時と違ってライブのチケット代ぐらい払えるようになったし
    ライブに行く目的は、そういう文化を盛り上げるためでも
    刺激を受けたり与えたりするためでもなく、ただ楽しみに行くわけである。
    僕は昔と違って、「お客さん」なのだ。
    今も変わらず音楽に命かけてる友達のライブにゲストで入れてもらうのに
    どうも違和感を感じるようになってきた。

    という理由で、今後全てのライブにおいて、正規料金払うことにしたので
    僕が「行くよー」って言った時は前売りを置きチケしてくださいませ。
    多分相方の分含めて2枚。例外なく、です。
    「いやー俺命かけてるってほどでも、、、」とか思わなくていいです。
    よろしくでーす。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL